考える
知り合いの方が亡くなった際、「葬儀は家族葬にて行います」というお知らせが来て、とまどったことはありませんか?


「家族葬」という言葉は、最近では一般的になりましたが、家族や親族だけで行う小規模なお葬式のことです。

そのため、間接的に「地域の方や友人・知人の弔問はご遠慮願います」という意味が込められています。

忙しさに追われることなく、家族だけでゆっくりと故人を見送りたいとか、お香典や返礼品のやり取りが大変であるとか、家族葬を選択する理由はいろいろあるでしょう。
いずれにしても、「家族葬で行います」と言われたら、血縁者以外は葬儀の参列を遠慮するのがマナーです。

かつては、葬儀といえば何をおいてもかけつける…というのが常識とされていましたが、家族葬の場合は、無理に斎場などに伺うのは失礼になりかねません。

遺族も、高齢であったり、看病疲れで憔悴していることもあるでしょう。少しでも負担を軽く…と家族葬に決めたのなら、それを尊重してあげるべきです。

「どうしてもお香典を届けたい・お参りをしたい」という場合には、後日落ち着いてからのほうが良いでしょう。
ただ、家族葬の場合、「お香典・供花・供物はご遠慮申し上げます」というケースも非常に多いので、持参していっても辞退されることもあります。

手土産程度であれば、受け取っていただけるかもしれません。

また、家族葬の場合に多いのですが、葬儀の後、ひっきりなしにお参りの来客があって疲れてしまった…という声を聞くことがあります。

日頃からのお付き合いの程度にもよりますが、葬儀から時間をおく・事前に都合を聞くなど、相手の負担にならないよう配慮をしたいものです。

Tagged: