郵便受け
この頃、テレビなどで、「喪中ハガキをいただいたら、喪中見舞いを…」というCMを見かけることが多くなりました。でも、喪中見舞いというのは昔からの習慣ではないようです。

数年前から、お線香メーカーなどが始めた販売促進キャンペーン的な動きが発端のようですね。


喪中はがきをいただいて初めて、知人の逝去を知るということは少なくありません。

ですがそもそも、亡くなったときに知らせが来なかったということは、遺族の方が、「故人とそれほど親しいお付き合いがあったわけでない」「わざわざお知らせして、気をつかわせるのも申し訳ない」と判断された結果でしょう。

ですから、喪中はがきをいただいたからといって、あわててお香典を送ったりする必要はないと思います。

ただ、亡くなったのが遠方に住む友人のご両親だったりすると、驚きと同時に、ひとことお悔やみを伝えたいと感じる人も多いでしょう。そんな気持ちに対して、喪中見舞いという形ででも何かしてあげたい…と考えるのは無理もないことです。

そんなときにいちばん良いのは、まずはお悔やみの気持ちを、お手紙などで伝えることだと思います。
家族を亡くして、悲しみや喪失感を感じたり、その後の葬儀や手続きで多忙だったであろう遺族の方に、「大変でしたね」「お疲れは出ていませんか」と心からの言葉を伝えることが、何よりの思いやりではないでしょうか。手紙なら、いつでも好きな時に読むことができますし、こちらの思いも伝わります。


その気持ちの延長線上に、何かお供えを…という気持ちから、贈り物をする場合もあるでしょう。

主にお線香やお花が、「喪中見舞い」の品として取り上げられているようですね。ただ、お線香の場合は注意が必要かもしれません。仏壇のないお宅の場合、あちこちからお線香をいただいても困ってしまいますし、たとえ仏壇があっても、好みや量の問題もあります。


喪中見舞いはお線香、と決めつけるより、もし贈るのであればお花や、あるいは故人の好きだったお菓子やお酒を「お供え」として贈るという方法もあります。日を改めて、一周忌やお盆などのタイミングで…というのも良いかもしれません。


いずれにしても、何かいただいてしまうと、遺族は「お返しをしなくては」と思う場合が多いです。そうした負担をかけないためにも、まずは気持ちのこもったお便りが一番ではないでしょうか。