搬送
亡くなった場所が病院等であれば、遺体を引き取るにあたり、すぐにその手配をしなければなりません。依頼をする葬儀社を事前に決めている場合は、そこへ連絡をし、寝台車で迎えにきてもらいます。自宅で葬儀を執り行うならば、そのまま自宅へと帰りますが、葬儀専用ホールや会館といった、自宅以外の場所で執り行うことも多いでしょう。

その際には、自宅へいったん安置をするのか、それとも直接、そういった場所へ運ぶのか聞かれますので、家族や近親者と事前に決めておいたほうが慌てません。

注意したいのは、葬儀社などを決めていない場合です。

遺体を運ぶための寝台車は、葬儀社のほか、寝台・霊柩車両など取り扱っている交通会社、あるいは搬送専門の業者に依頼し、手配する必要があります。

このとき、葬儀社に搬送の依頼をしたからといって、そのまま葬儀まで頼まなければならない、ということはありません。「ひとまず、搬送のみお願い致します」とするのも可能なのです。

利用する葬儀社について、事前に充分な検討が出来ていないときは、そのような選択肢もあるということを、頭に入れておきましょう。もっといえば、遺体を運ぶのに、専門の車輛でなくてはならない、という決まりも、じつは無いのです。

死亡診断書さえ所持しているなら、喪家の自家用車で故人を移動させても問題はありません。

もちろん、遺体を運べるだけの大きさの車輛であることが必要ですが、このように選択肢は様々あります。
なにも情報をもたないまま、業者の言いなりになることだけは避けましょう。