家族の大切な人を亡くされたとき、残された方々はどんな思いになるでしょうか。

とてつもない悲しみや喪失感が真っ先にくると思います。
しかし時間の流れは人の思いなどお構いなし。亡くなられた方をいつまでもそのままにすることは絶対にできません。


葬儀、火葬そして埋骨の流れが今の日本での主流になります。

しかし時代の流れに逆らえない現実も確かに存在します。
古来からのしきたり、ルールを守らなければいけないことはしっかりと守りながら、変化の多い現代のおかげでしょうか、各家庭にあったやり方もありと認識されつつありますので、ご遺族の意見を一致させながらの独自の進行をお勧めします。

不況と言われ続けている現代社会です。費用について気になるところでしょう。
費用にはもちろん人件費も含まれますが、位牌、棺、骨箱、祭壇などの小物から大きな物までいろいろなことも含まれています。

これは絶対にないとだめという物もありますが、あってもなくても構わない物も存在します。
無駄と思われるのは省いて構わないのです。

ですが必要な物は省略してはいけません。
先ほど述べた、守らなければいけないルールと、独自の進行がそこから生まれています。

では必要なのは何か。

今の時代散骨のやり方も出てきましたが、慎ましくても構いません。
お墓は用意される方がいいでしょう。

故人のためや法律がどうのということではありません。
先々のことまでは考えられないでしょうが、何世代もそのご遺族が続いたときに、子孫が自分のルーツを知りたいと思い立った時にかなり重要な手掛かりになる一つがお墓なのです。

お墓のある場所は、最初にお墓に入った人と無縁の土地に存在することはあり得ません。

必ずその地域と何かしらの縁があるのです。
子孫はそれを知り、周囲にささえられ、歴史に支えられて存在するのだと自覚した時に改めて自分の価値を確認することができるのです。

そこには必ず先祖への感謝の気持ちも生まれるはずです。
その思いこそ供養の心なのです。

故人が確かにこの世に存在していた証として、小さいものであってもずっと残る物であればいいのです。
そしてそのご遺骨をお墓まで運ぶ骨箱も必要となるでしょう。
葬儀を執り行うかどうかに関わらず、火葬は必ず行いますので棺も絶対に必要です。

天国地獄、極楽浄土には故人も家族も無関心という場合もあります。
無理して宗教と絡める必要もないでしょう。

地域によっては不満度が高い戒名料や位牌などの物も用意する必要がありません。
宗教と絡まると、必ず神社や寺などの組織が関わってきます。
その組織の運営のために協力が必要になりますから、そこにもお金の問題が絡んできます。
生きるのに精いっぱいという家庭も数多く存在します。

ご遺族がやらなきゃいけないことの一つは、大切な人を失った後もお互いが助け合ってこの先も生き抜くことなのです。

そのために必要なのは生活費。
これを削るということは、健全な生活からかけ離れるかもしれない可能性が高くなることです。

一番大切なのは葬儀を執り行うことではありません。
この先何十年も、ご遺族や一族が末永く心身ともに健やかで、その人数が多かろうが少なかろうが、一人でも健在である限りご供養し続けていく真心が一番大切なのです。


神様仏様と縁のないご供養や生活に不安を感じ始めたなら、葬儀とは無縁な時であろうとも葬儀が終わってから何十年経とうとも、その時に初めてお寺や神社などに相談し、そこから神仏ともにある生活を始めればいいのです。