喪主 喪主は、喪家、遺族を代表して、葬儀を主催します。と同時に、葬儀後も、年忌法要を執り行うほか、墓所の管理や、寺院との付き合いなど、仏事の施主となります。

一般的には、以下の順で考えます。

  • 故人の配偶者
  • 故人の子
  • 故人の親、きょうだい

もし未成年者が喪主となるような場合には、親族が後見人となり、助ける必要があります。

故人の配偶者が高齢で、現実的には務めることが難しい場合も、
名前だけの喪主とし、子が代わりに取り仕切るようになります。
あるいは、子が喪主として立ってもよいでしょう。

故人ともっとも縁の深い者が務めるのが一般的ですが、祭祀を継承していく立場ですから、長く故人の供養が出来る人が望ましいといえます。

喪主となる人は、臨終直後から様々な対応に追われます。

家族葬か一般葬か、また葬儀の規模にもよりますが、世話役を依頼できる間柄の人がいれば、お願いするほうが、負担が軽減されるでしょう。通常は近しい親族、ほか友人や知人などです。

なるべく、喪家の事情に通じている人に依頼をします。
立場上、喪主を務めることが予想できるなら、こういったことも事前に考えておく事項の一つです。喪主や喪家といった遺族は、通夜・葬儀のあいだ、故人のそばで弔問客に応対するのが通例です。

なので、その遺族に代わり、全体への目配りや、帳場の受付け、香典の管理などについて、しっかり対応が出来る人にお願いをしましょう。

なお、葬儀社によっては、帳場の受付けもスタッフが行うなど、世話役が不要の場合もあります。ただ、香典の管理や預かりといった、金銭に関わることは請け負わない可能性が高いので、喪家や親族で分担をすることがほとんどです。