喪主2

喪主として葬儀を主催するにあたり、葬儀社との打合せのなかで、決めるべきことは数多くあります。

臨終直後から慌ただしい時間を過ごし、喪主や喪家は疲労しているうちにも、様々な判断や準備をしなければなりません。

このなかで、専門家である葬儀社にアドバイスを求めるのも、もちろん大事です。
しかし「なにも分からないのでよろしくお願いします」ということだけは避けましょう。
少なくとも、事前に以下については決めておく、あるいは、家族、親族で話し合いをしておいた方が良いでしょう。

・葬儀の規模
・全体の予算
・形式
・場所

葬儀の規模とは、一般的な葬儀か、それとも家族や親族中心とするか、などです。これは故人や喪主、喪家の、社会的地位や交際範囲をもとに考えます。

予算については、必要なのは葬儀社への支払いだけではないと考えて下さい。儀式を執り行う寺院などの、宗教関係者へのお礼、お布施もあわせての、全体の予算です。

また、葬儀後、新たに仏壇や墓地が必要であれば、それも考慮に入れておかなければなりません。

そして、どのような形式で行うかは、故人や喪家の宗教、宗派が大きく関わってきます。現代では、寺院などと関係が希薄になり、喪主の立場になるまで、宗派どころか菩提寺の名前も知らなかった、というケースも珍しくありません。いざという時に慌てないために、あらかじめ把握しておきましょう。

場所は、近年、葬儀専用ホールが主となりましたが、その他の選択肢としては、寺院や教会といった宗教施設、あるいは自宅や集会所、公営斎場や民営斎場などがあります。

場所によって、かかる利用料金も異なるので、これも予算とあわせて考えます。