america
アメリカは、様々な人種・宗教が混在している国で、単一民族国家の日本とは、文化の面でも異なる点はたくさんあります。葬儀もその一つです。では、アメリカの葬儀は、いったいどのような形で行われることが多く、どんなことに気を付けたらよいのか見ていきましょう。

新聞で亡くなった人を知らせる

アメリカでは、故人の家族が新聞に死亡広告(obituary)を掲載することで、葬式の場所や日時が知らされることが多いです。また、インターネットで地方紙の死亡広告を検索することができます。

自宅で行われるケースはほとんどなく、キリスト教であれば葬式場が併設されたチャペルや教会で行われます。フュネラルホームと呼ばれる葬式場が利用されることもあります。

親しい人やその家族がなくなった場合、基本的に速やかにお悔やみの電話を掛けることが望ましいとされています。家族だけで行う密葬の場合を除けば、できる限り式に参加をすることが大切です。

アメリカの葬式に参加する場合の習慣

アメリカには香典をおくる習慣はないですが、その代わりにカードを添えた生花を送ることが一般的です。
花の送り先は、新聞の死亡広告で確認ができます。

通常は葬儀が行われる葬式場、教会、チャペル、墓地などになります。ただし、死亡広告の中に献花を辞退する旨が記されていることもあますし、ユダヤ教やカトリックでは花を贈らないのが普通なので、こうした場合にはもちろん献花を控える必要があります。

また、献花の代わりに故人や家族が希望する慈善団体への寄付を行うこともあります。この場合も、死亡広告に方法が掲載されているので、それに従えばよいのです。

アメリカの葬儀に参列する場合

葬儀に参加する際の服装についてです。
日本なら黒一色の喪服に、女性であれば真珠のアクセサリーというのが一般的です。しかし、アメリカでは、一般参列者がこうした黒一色の喪服を着ることは稀です。

肌の露出の多いデザインや派手な色遣いのものを避け、男性であればダークスーツに黒ネクタイ、女性であれば地味なワンピースやスーツが一般的です。
子どもの場合も派手なデザインを避けた方が無難です。いずれにしても、日本ほど堅苦しく考える必要はないと言えます。

葬儀の雰囲気

日本の葬儀は、悲しみに満ちた厳かな雰囲気で行われることが多いのですが、アメリカの葬儀はもう少し明るい雰囲気で行われることが多いです。

特に、葬儀を行った後の、ホームパーティーでは、故人の家族でも笑顔を見せて参加することが少なくはないのです。これは、死に対する考え方の違いが出ているのだと言われています。

特にキリスト教では、死は神のもとへ帰るための、新しい旅立ちであり、祝福すべきことである、という考えが根底にあると言われています。


アメリカには、様々な人種や宗教が集まっているため、葬儀の形式も細かく見ればいろいろな差があります。死亡広告には葬儀にまつわる重要な情報が載っているので、これをきちんと把握することが大切になってきます。そのほか、服装の規定や式の雰囲気は、日本よりも緩やかで、それほど堅苦しく考える必要はないと言えるでしょう。