仏式

現在日本で執り行われている葬儀では、一番多い形式でしょう。
自宅で、葬祭場でお寺でと葬儀の場所も様々です。

一言で「仏式」と言っても、宗派によってかなり葬儀の作法お経などは違ってきますが、「仏になった故人を送る」と言う一事は共通していることです。

葬儀の後も、初七日、四十九日(納骨)、一周忌と行事が多いのも特徴です。行事が多い分、どうしてもお寺やお坊さんへのお布施が増えることも事実です、戒名をつけなくてはいけないという事もありますので。

神道

考え方としては死は「穢れ」ですので、神社で葬儀が行われることはありません。
自宅で、もしくは葬祭場でという事になります。仏式に比べて少なくなった葬儀の形態ですが、近頃の葬儀の多様化に伴って増加傾向にあるようです。

仏式のような、四十九日とかの行事はありません。
花ではなく榊(さかき)を供えることも、「神道」の特徴です。

神道についてのマナー・作法についてはこちらに記載されています。
神道のお葬式「神葬祭」の特徴と参列のマナー

キリスト教

大まかに「カソリック」と「プロテスタント」に分けられます。
葬儀進行や神父牧師の説教に違いはありますが、共通していることは「死は、天に召されること」という事です。
つまりは、死を悲しむのではなく天に召されたことを喜ぶ、と言う宗教的風潮があります。

葬儀自体は、教会での葬儀が多いのは勿論ですが、場合によっては自宅でも執り行われます。
融通の利くと言ったら失礼かもしれませんが、教義です。

関連記事
アメリカで葬式に参加する際、知っておきたいこと