価値観の多様化や少子化を背景に、お葬式の事情も様々に変化しています。
「子に迷惑をかけたくない」という思いから家族葬を希望する方が増えつつあります。

また同じような形のお葬式に密葬がありますが、配慮を怠るとトラブルの原因になります。
家族葬と密葬の違いや注意すべき事柄について紹介します。


家族葬とは


家族葬と聞いてもはっきりこうだと説明できる方は少ないのではないでしょうか。それもそのはずで、家族葬の明確な定義というものはありません。ごく限られた家族のみで行なうお葬式を家族葬と呼んでいます。

家族葬の場合、限られた人数が参加するので、精神的な負担も少なく、故人を偲ぶ時間もゆっくり取ることが出来ます。
一般参列者がいないので返礼品などの準備をする必要もありません。

しかし、お葬式の費用を香典などから出せなくなるので経済的な負担が大きくなったり生前に親しくしていた人たちへの理解がないと、なぜ呼んでくれなかったのかとトラブルの原因にもなります。

家族葬を希望する場合、周囲への理解は必須です。


密葬とは


密葬は、お葬式の流れは家族葬と変わりありませんが、日を改めて葬儀を行なう点が家族葬との違いです。

本来、密葬は著名人や有力者が亡くなった場合に、参列者の混乱を避ける目的で先に家族や親しかった者達で葬儀を済ませて、後日、社葬などを行なうものでしたが、現在では、小規模なお葬式も密葬と呼ぶところが増えてきています。

密葬の後に改めて葬儀を行わない場合は、家族葬と同様に周囲への事前連絡や理解が欠かせません。


最後に

密葬と家族葬は似ていますが、別物であることをご理解いただけたでしょうか?
故人が付き合いの多い方であった場合、参列を望む方も多くなることが予想されます。

そうした方々への配慮を忘れないことがトラブルを防ぐことになります。また、家族葬では経済的な負担が大きくなることも忘れてはなりません。

価値観が多様化している現代、お葬式にも色々な形があっても不思議ではありませんが周りへの心配りを忘れずにしたいものです。