死亡後の手続きは大まかに分けて、2つの状況があります。
1つは、療養中の方がなくなった場合。
もう1つは、元気だった方が急に亡くなった場合です。

自宅で亡くなった場合

donna_003

自宅療養中の場合

療養中の場合は、まずかかりつけ医に連絡を取ります。
死亡を確認するには医師の確認及び死亡宣告が必要となるからです。もしかかりつけ医がいない場合は、救急に連絡を取り救急病院への搬送をします。

自宅や屋外で突然亡くなった場合

自宅や屋外で突然亡くなってしまった場合は、遺体を動かしたり移動させたりせず、まず警察に連絡します。この場合検察医が(もしくは検視官)検死します、もしかかりつけ医がいる場合はそちらにも連絡を取ったほうがいいでしょう。

どちらにせよ、医者の死亡確認と宣言が必要になります。
療養中の場合には「死亡確認書」が医師から渡されます。

自宅での突然死に関しては「死亡検案書」が警察から渡されます。
これらは葬儀、火葬、埋葬に必要な書類ですので、必ず受け取るようにしてください。

また末期の水、湯灌、死に化粧なども遺族の手で行われることになります。

病院で亡くなった場合

hospital-484848_640
その場で医師から、ご臨終または死亡が宣告されます。
死亡証明書も問題無く作成されますので、しっかり受け取ります。

末期の水なども、病院側で用意してくれますが、宗派などによって必要ない場合はその旨病院側に通達しておきましょう。また、病院では死に化粧をしてくれるところもあります。万が一、希望があれば申し出てください。

この後はどちらも、行政に死亡証明を提出したり、またご遺体を自宅もしくは葬祭場に移動させたりとなります。この時点で葬儀社や互助会などに、葬儀の依頼が済んでいれば死亡証明の提出もご遺体の移動も、そちらの方で手続きしてもらえます。

葬儀社に当ての無い場合は、病院で紹介もしてくれますので利用すると良いでしょう。
その場合も死亡証明が必須となりますので、所持している人が必ず同乗しなければならないのでご注意ください。

葬儀の手続き

また、葬儀も大まかに分けて、2種類あります。
自宅での葬儀、または葬祭場や教会、寺社での外部の施設を使用する葬儀です。

お寺の檀家さんになっているご家庭や、教会の信者のご家庭の場合それぞれのご住職や神父、牧師さんに執り行っていただきます。葬儀社に一括して依頼した場合、そちらで宗派などに合ったお坊さんなど手配してくれますので、お任せしましょう。

そして葬儀の終わった後に忘れてはいけないのが、健康保険から費用の補助として受け取れる「葬祭費(埋葬料)」です。こちらは申告制になっていますので、忘れないようにしましょう。亡くなった日から2年以内の申請になります。

国民健康保険の場合、市区町村の健康保健課に故人の保険証と受取人の印鑑を。社会保険の場合、勤務先に死亡診断書か埋葬許可証の提出が必要になります。

火葬の手続き

火葬の手続きについてですが、こちらは火埋葬許可証があれば申請は誰でも可能です。
ただし近年、火葬場は混み合っていることが多いので、手配は早めにしましょう。

最後に埋葬になりますが、こちらはすでに墓地をお持ちの方は霊園もしくはお寺さんや教会の墓地に葬ることになります。この時に必要なものは、埋葬許可証と墓地の使用権利書です。忘れないように用意が必要です。