「葬儀に参列したことはあっても、どのように手配したらいいのかわからない」という人は多いのではないでしょうか。一口に「葬儀」と言っても規模などで式の流れや日数、費用が変わってきます。また宗派や地域による習慣を加味すると細部にわたってやり方が異なります。

ここでは全国で一般的に行なわれている葬儀の費用と日数について説明していきます。

葬式の種類による平均費用

通常の葬儀と言っても、やり方によって費用と日数が違います。

費用は、およそ20万円から500万円と幅広く、日数も数時間から数日にかけて行なわれたりします。密葬などを選択した場合は、後日に改めて本葬を行なう必要があります。この場合、本葬は、密葬後から約1か月後に行なわれることが多いです。

一番費用と日数がかからないのが、火葬儀で、告別式と火葬のみを執り行うことが多く、費用も約20万円と一番費用がかからない葬儀です。

通常の葬儀の流れは、納棺の儀、仮通夜、本通夜、告別式、火葬という流れで執り行うことが多く、およそ1日半をかけて行なわれます。費用は葬儀一式の費用、寺院など宗教者への費用、参列者への飲み物や食べ物の費用を合わせて、およそ200万円かかります。

参列する人数や、葬儀社、宗派によってそれぞれに係る費用は違いがありますが、内訳の相場が、葬儀一式でおよそ100万円、飲食費や寺院などへ支払うお金がそれぞれ50万円程度かかります。


何が一番費用がかかるのか

一番費用がかかるのは、葬儀本体です。宗教によって戒名やお布施などが高いところもあるようですが、基本的には葬儀本体が一番費用がかかるものです。

遺影の準備、花、祭壇、場所、サポートする人件費など様々な部分でコストが必要になります。そのため、祭壇をある程度質素にして、参列者の人数をしぼる小規模な葬儀が注目されているようです。

また、最近では葬儀社によって様々な形での葬儀が提供されており、火葬のみ執り行なったり家族のみの葬儀であったり、密葬のサポートをしてくれる所もあります。

葬儀は多くの費用がかかります。
火葬儀なのか、密葬なのか、華やかな葬式なのか、亡くなった人の気持ちを汲み取ることが何よりも重要かと思います。