遺言書とは、被相続人が最後の想いを伝えるもので、相続人同士が遺産相続をモメずに終わらせたり、相続人同士でトラブルが起きないようにするためには欠かすことができないものと言えます。

遺言書に書かれた内容については、法律で定められた相続割合よりも優先されることになります。(ただし、遺留分という制度もあります。)

そのため、遺言書があった場合は、相続人は遺産分割協議をせずに相続手続きを進めることができます。そして、被相続人が亡くなって相続が発生したら、まずはじめに確認しなければいけないのが遺言書があるのかどうかの確認です。遺言書は、被相続人の最後の意思表示になるので、被相続人が自分の相続財産をどのように相続人または相続人以外の者に譲るのかが遺産分割をするよりも優先されます。