家族葬(かぞくそう)とは、家族などの近親者だけで行い、近親者以外の儀礼的・社交辞令的な弔問客の参列を拒否する葬式のこと。家庭葬(かていそう)とも言う。

家族葬は小規模な葬儀全般を指すものであり、葬儀の様式や宗教形態を規定するものではない。そのため、各宗教・宗派の聖職者による宗教儀礼も行われる。もちろん故人の希望により無宗教式で行われることもある。その場合は自由葬と呼ぶこともある。

メリット

  • 参列人数の確定や葬儀社による予算の変動が少なくて安心であり、日程などが自由に設定しやすい。
  • 近親者のみで行うため、弔問客に気を遣うことが少なく、落ち着いて故人とのお別れができる。
  • 少人数で行うため、葬儀係員の人件費や葬儀場の設備費用が抑えられ、通夜振舞い・返礼品等の費用も低額になる。
  • 虚飾を排し心のこもった葬儀を行いたい遺族にとっては、ふさわしい葬儀の形態である。
なお家族葬の費用については、基本的には通常の葬儀で使われるものと同様の祭壇・棺等が使われるため、必ずしも劇的に安くなるとはいえない。

デメリット

  • 弔問客(主に知人や近隣住民)に極力知られないようにするため、自宅や集会所などでの葬儀は基本的に出来ない。このため、葬儀社や公営の霊安室・式場が使われるが、そのための費用がかかる。葬儀社によっては、冷蔵の霊安室を完備しているのにドライアイス代金を請求する悪徳業者も存在する。
  • 故人の遺体とは通夜までに気軽に会えないことがある。
  • 弔問客から、葬儀後に苦言を呈されるなどの不義理が生じる場合がある。
  • 弔問客が後日自宅にバラバラに弔問に訪れることになり、そのための対応に苦慮することがある。
  • 家族葬であっても葬儀費用は一般葬に比べほとんど変わらないのに対し、一般葬で遺族の収入となる香典・弔慰金がほとんどなく、葬儀費用と相殺できないため、一般葬よりも費用負担が増える場合もある。