ひとりの方も、ご夫婦も。家族のための永代供養墓。世田谷常在寺
世田谷区の永代供養墓“常在寺”noukotsu_3

永代供養墓とは

永代供養墓とは、「えいたいくようぼ」と読みます。寺院によって読み方は様々ですが、永代供養塔、永代供養廟、永遠墓など様々な名称がつけられています。

お墓参りできない人に代わって、あるいはお墓参りしてくれる人がいなくても、お寺や霊園などがそれぞれ決めている年数の間は管理・供養を行なってもらえるお墓のことです。

利用者の多くは、
  • お墓を見る人がいないなどの後継者がいない
  • 夫婦ふたりだけで入りたい
  • 子や孫にお墓のことで迷惑をかけたくない
  • 元気なうちに自分のお墓を決めておきたい
  • お墓が遠方にあるので近くに移したい

この様な方から、永代供養墓を望む人が増えています。

nies

世田谷区にある“寶樹山 常在寺”を選ぶ理由

寶樹山(ほうじゅうざん)常在寺(じょうざいじ)と読みます。常在寺は、山梨県の身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗の寺院です。

日蓮は、お釈迦様の功徳のすべてを表す「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」のお題目を唱えることによって、仏と一体になり真理に到達できる、と説き民衆に広く信仰されるようになりました。

開祖、日純聖人によって常在寺が世田谷の地に開かれたのは、今をさかのぼること五百余年、室町時代のことです。(1506年/永正三年)
開創の頃の常在寺を支えた開基は、のちに世田谷城主、吉良公の側室となった常盤姫(ときわひめ)でした。


世田谷区だから、お参りしやすい

3 常在寺は、東京世田谷という都心からも大変アクセスの良い場所です。そのため、いつでも気軽にお参りすることが出来ます。杉並区・目黒区、そして狛江市・調布市、また川崎市高津区宮前区の方々たちにも利用されています。
今まで、実家の田舎までお墓参りをしていたけど、もう誰もない状況になってしまった。そんな人にとって、自宅から近く世田谷だったら利用する価値はあると思います。東京だったら、子供もお墓参りに来てくれるし、その瞬間は自分のことを思い出してくれる瞬間になるでしょう。

緑溢れる庭園

access 常在寺は、都会でありながら緑溢れる庭園があります。都会にあるけど、いつも季節を感じることができる空間になっています。東京の中でも落ちつた雰囲気を感じることができます。お参りしやすい環境でかつ、緑あふれた土地との調和できる環境を目指しています。

安心のご供養

noukotsu_2 亡くなった後は、室内墓(納骨堂)に遺骨と位牌を安置しています。たとえ、家族が忙しくて来られなくても、毎年お寺がご家族にかわってしっかりと伝統的な供養を行います。また、自動搬送式(機械式)の永代供養墓ではありません。
昨今ですと、流行りだと自動搬送式(機械式)といって自動的に搬送されるものとなりますが、常在寺の場合は位牌壇に位牌を並べ、その後ろが納骨壇になっているだけのシンプルなものです。奇をてらわずまた新しさを追わず「お寺がきちんとご供養する」ということを大切にしています。つまり、永代供養墓とは言っても、何百年前からの変わらないご供養の方法を大切にしてます。

入会費用

永代供養墓 + 費用
一人目 一式:60万円
二人目以降 一式:20万円

年会費 5千円/一世帯
ご家族で入会されている場合、どなたかがご存命の期間に納めていただきます。


ご夫婦お二人の場合・・・80万円(60万円+20万円)
ご夫婦+お子様1人・・・100万円(60万円+20万円+20万円)

2

費用に含まれるもの

戒名
生前に日蓮宗の戒名をお授けします。通常、戒名を行う際の費用は、20万円~50万円ほどと言われています。

位牌
位牌に戒名を記し、「釈迦殿」の位牌段にご安置してくれます。
位牌も費用が異なりますが、高い物で10万円前後、安い物で1万円前後になります。その位牌分も入会費に含まれています。

納骨
逝去後、釈迦殿に分骨を安置し、そのほかの遺骨は総墓「五重塔」へ埋葬。納骨の際は納骨式を営みます。

納骨式を行うさいは、宗教者をお呼びした場合に5万円以上謝礼金を出さないといけず、準備などを行わないといけません。そのため、多くの方が手順などを不明なまま行ってしまっていまう。

供養
没後七回忌までは年一回(春または秋のお彼岸の入りの日)、当山の本堂に於ける合同ご供養祭にて供養いたします。七回忌以降は分骨も総墓「五重塔」に埋葬し、先祖様として供養を続けます。

管理
全て常在寺にて行えます。

入会費が高額だと思う方もいますが、費用に含まれている物を鑑みると、割安の値段となっています。普段、全く見ない情報だからこそしっかりと安心して・そして通える距離で場所を探して欲しいです。

利用者の声

50代 女性 (神奈川在住)
父が亡くなりました。受け継ぐ形のお墓を希望していないので永代供養を探していました。母が亡くなった時にも父と一緒のお墓に入ることが出来るようになって娘として親孝行ができてよかったと思いました。

永代供養墓_利用者の声_杉並区 70代 男性 (東京 杉並区在住)
実は広島の田舎に私たちのお墓がありました。 しかしながらお参りするにも遠いことや、お寺とのお付き合いが金銭的にも煩わしく離壇することにしました。 散骨を含めて墓地を探していたところサイトをみつけ、お問合せをしました。 丁寧に説明して頂き、また、非常に清掃が行き届いてお寺の雰囲気がよかったので自宅から遠くない距離にありここに決めました。 今ではいい決断をしたと思って感謝しています。

永代供養墓_利用者の声_目黒区 60代 女性 (東京 目黒区在住)
主人と私は別居状態で、主人が東京の病院で亡くなったことは後で知りました。立派なお墓が世田谷にあるのを知り二人で見に行きました。 きれいな建物の中に立派な本堂があり、掃除が行き届いた墓地の中に永代供養墓を案内されここにしようと思いました。

アクセス~三軒茶屋からほど近い世田谷の閑静な住宅街に位置~

●住所
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1丁目34−17
常在寺

●電車
東急世田谷線「世田谷駅」下車 徒歩7分
●お車
国道246号または世田谷通りからすぐ
※30台収容の無料駐車場を完備しております。
タクシーの場合は、東急田園都市線「桜新町駅」より約5分
●バス
渋谷駅西口ターミナルより
1.弦巻営業所行き(渋05)「向天神橋」下車 徒歩5分
2.上町行き(渋21)、祖師谷大蔵行き(渋23)、成城学園駅西口行き(渋24)ともに「世田谷区役所入口」下車徒歩5分

入会手続き

お越しの上、納骨堂(釈迦殿)や施設のご見学可能です。その際、縁の会の仕組みや施設について詳しく説明があります。充分に検討した上で、入会をご希望の場合は、入会契約を取り交わします。(費用は、入会契約後振込みです)

少しでも気になる方は、訪問予約が可能です。
寺院の雰囲気をもっと感じたることができるように詳細を用意しました。詳細をご覧ください。
0218_detail_13


名称
寶樹山 常在寺
住職
駒野 教源
所在地
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-34-17
電話番号
03-5450-7588