一般的には仏教では49日法要で、神道では30日~50日、キリスト教では1ヶ月後に納骨します。

これはあくまでも一般的な考え方であり、決まりではありませんので、ご遺族の諸事情も様々ですのでどのように納骨日を決めるかは、ご遺族のご都合に合わせても特に問題はありません。

ご遺族が亡くなり、悲しみの中でも葬儀後のお返しや四十九日法要も考えなくてはいけませんが、法要は故人への一番の供養となりますので、今回は一般的な納骨までの流れと参列の方へのお返しの相場などをご説明致します。
コピペチェックをする

49日法要・納骨・お返しの意味

49日法要は仏教においては非常に大事なご法要となります。亡くなってから四十九日の間を中陰といい次なる生を受ける期間であり生前の行為に対する審判が行われ、手厚く供養する事によって故人は極楽浄土へと旅たち、成仏するという思想で忌明けとなり、納骨となるのがごく一般的です。

49日法要は盛大にされるご遺族の方が多いのが一般的です。49日法要が過ぎますと不祝儀の表書きも御霊前から御仏前へと変わりますが 浄土真宗では亡くなってからすぐ仏になるという思想から御霊前は使用せず御仏前となります。

広く一般的に使えるのは御霊前で神道やキリスト教でも使えるのですが、浄土真宗に限り御霊前を使用しないので、御仏前とします。キリスト教では御花料で神道では御玉串料や御榊料などを使用します。

いずれも故人に対する供養として金品を参列の方は持参しますので、施主側はそのお返しとしてお料理や引き物などを用意します。
納骨されない場合はお寺や霊園などで預かってもらう事も出来ますが、あくまでも納骨するお墓を建てる事が前提としてでしたら、無料で預かっていただける場合が多いのですが納骨を考えていない場合などは有料となり、無料で預かってもらう場合は期限付きとなっている所が殆どです。

当分、納骨をお考えでない場合などはご自宅で保管されても問題はありません。

納骨までの流れとお返しの準備

葬儀の時はお位牌は仏教では白木のお位牌に魂を入れます。

これはあくまでも仮のお位牌となり、ご遺族の方は49日法要迄に本位牌を用意します。 また、御仏壇がなければ仏壇の用意も必要となりますが、すぐに準備出来ない場合もありますので、その時は御位牌の準備だけでも構いませんが、亡くなってから49日というのは2ケ月もありませんので、出来る限り早めにご準備する事をお勧めします。

何故かというと49日法要で白木の位牌から本位牌への抜魂、入魂をのお経をあげて頂き、その後ご遺骨を納骨します。
位牌の準備の後は会場やお寺の手配など日取りを決めて行います。お呼びする方はだいたい見当がついているので、おおよその人数で会場を使用する場合は予約します。

自宅の場合

ご自宅でされるかお寺でされるか又は霊園内での式場でされるかはご遺族の方のご都合となります。日にちが決まりましたら、49日法要の案内状及び納骨式案内状を往復はがきで発送します。

こちらも文面などはお返しとして利用する業者などがそれぞれ諸条件は違ってきますが、依頼をすれば全てやってくれます。 個々に考えたい方は印刷店などを利用します。

お返しやお料理は人数が確定しないと注文出来ないとお考えの方も多いのですが、一応お返しなども予定している人数で注文をしておきます。

お返しに関しては参列の有無が確定した時の多少の増減は応じてもらえますし、お料理も2~3日前まででしたら、人数の変更は可能です。

とりあえず、だいたいの数を予約しておくべきです。
位牌・仏壇・法要の日取り・場所とお寺の手配と料理とお返し・案内状の準備が主な流れとなります。


納骨の時の費用とお返しの相場

納骨をされる場合は御位牌の魂入れと、お墓が新しい場合はお墓にも魂入れをしますので、お布施も少し多めに包みます。

お寺の方は決してお布施の金額を直接はいいませんが、相場としては地域によっても差はあるのですが、3万~10万と考えます。
49日法要と納骨を兼ねている場合は3万~5万のお布施と1万~2万のお車代とお食事代が 妥当ですが、霊園などではお布施の金額を決めているので、事前に問合せをしておく事が大事です。

また、参列される方の不祝儀の相場はこれも又故人との関係によって違ってきますが、お食事などが用意されている場合は血縁関係のない方でも1万円はお包みするようにします。

回忌法要などはお身内でされる方も多く、特に食事の席を設けていない事もあるのですが、49日法要や納骨式などの大きな節目の時には施主の方もお返しとしてお食事や品物を用意されている事が殆どですので、多めに包まれた方が無難です。

法要では供物料として備える事から5千円をお包みしてお供物を別に持参する方法もあります。お身内の方は相場としては2万~3万位となりますが、これも又地域の風習やしきたりなどでまちまちなのは確かなのですが、お返しをする側としてはこの位の金額を想定してお返しを準備します。

目安は同等金額か親族なら2/1~3/1となり、お食事代で3,000円~5,000円でお引き物代を2,000円~3,000円と考えます。
お食事とは別に飲み物を当然振る舞いますので、やはりお一人あたり1万円近くのお返しとなります。

お食事の席を設けない時などは折詰弁当などを準備します。引き物の内容はあまり重たくならにようなお菓子やのりなどが無難です。

納骨に限らず供養とお返しの考え方

いくつか順序を踏まえてご説明しましたが、一番大切な事は故人を忍び冥福を祈る事です。お線香1本あげるだけでも故人への供養となり、花を供えたりすることも宗派を問わず供養です。

納骨の時に限らず続けて故人を供養していく事が代々祖先の供養につながります。祭壇へのお供えも供養なので、法要には必ずお供え物をしますが、参列の方もお供えを持参して供養される方も多数いらっしゃいます。

故人を忍んで集まって頂いた方へのお礼の意味を込めて遺族の方はお返しをします。

49日法要、100ケ日法要、1周忌、3回忌、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、25回忌、27回忌、33回忌と仏教においては回忌法要は300回忌までありますが、故人を忘れない事です。

法要の日にちは理想は命日を基準にしますが、それ以外は少しでも前にされた方がいいとされています。その理由は故人を決して忘れてはいませんとの意味からきています。遺族の方は出来る限りの故人の冥福を祈るために日々の供養を忘れないことが一番です。