核家族化がすすむ昨今では、家族が亡くなって葬儀の主催者側になるという経験は、そう多いことではありません。経験がないため、いざというときにあわててしまう方もいらっしゃるかもしれません。

病院で亡くなった場合は、しっかりとした検討を。

病気で亡くなる場合には、最近はほとんどの方が病院で臨終を迎えます。家族の死という、大きなできごとにぼうぜんとする間もなく、実はすぐにやらなければならないことがあります。

それは、もはや「患者」ではなく「ご遺体」となった家族を、病院からすみやかにどこかに移動しなければならないということです。となると、そのために葬儀業者を指定しなければなりません。

病院にはたいてい出入りの葬儀業者がいますので、どこにもあてのない場合には、そこを紹介してくれることでしょう。ですが、その場合は、他と比較検討する間もなく、その業者にすべておまかせ…ということになりがちです。


葬儀の内容から費用まで、ろくに考える時間もないままに「おまかせ」で進んでしまうと、後で「こんなはずでは…」ということにもなりかねません。

できれば、高齢であったり病気を抱える家族がいる場合には、事前に信頼できる葬儀社を見つけておくことが大切だと考えます。そうした業者が決まっていれば、いざというときにそこに電話を一本かけるだけで、まずは自宅なり葬祭場なりに、遺体を運ぶことができます。

それだけでも、心の準備としてはずいぶん楽になります。いったんご遺体の落ち着き先が決まれば、細かい葬儀の内容は、少し余裕をもって相談をすることもできるからです。

もしどうしても事前に業者を絞り込んでおけなかった場合は、病院の出入りの業者や、電話帳で調べたりした業者に、とりあえず遺体の搬送だけをお願いしてみるというのも一案です。

もしかすると、業者の指定する遺体安置所に搬送となると、そのまま葬儀もお願いしなければならないケースもあるでしょう。ですので、まずは自宅へ安置してもらい、それから複数の業者に見積をとる…という段取りのほうが、冷静に考えることができるのではないでしょうか。


良い葬儀業者は、遺族の頼れるアドバイザーとして、葬儀の段取りや役所への手続きなど、細かなこともていねいに教えてくれます。

看病疲れであったり、急なことで動揺しているときには、本当にありがたい存在です。
信頼できる業者さんに巡り合えることを願っています。