キャンドル
「家族葬」という言葉をご存知ですか?
これは、家族や親族など、ごく限られた少人数で執り行われる小規模の葬儀を指します。

参列者の多い、一般的な葬儀と対比して使われます。
最近では「家族葬専門」の施設ができたり、一般の葬儀業者でも「家族葬プラン」を用意していたりと、ずいぶん一般的になりました。


家族葬のメリット

「家族葬」のメリットは、何と言っても規模が小さくてすむ、ということです。

人数が小さければ会場も小さくて済みますし、通夜ぶるまいの料理や、返礼品の準備も少なくて済みます。
また、参列者へ気を使うことも少ないので、家族だけでゆっくりと故人を偲び、送り出すことができます。


家族が亡くなるときというのは、家族がずっと看病していたりして、それでなくても疲労がたまっていることが多いもの。そんなときに、大がかりな葬儀の準備は大変です。ですから、そうした負担を軽減することができる…というのは大きなメリットですね。


また、誰に気がねすることもなく、故人の想い出を語って過ごせる時間は、家族葬ならではのメリットでしょう。そのため、生前から「私のときは家族葬でね」と遺言する方も多いようです。


家族葬のデメリット

規模が小さければ費用面も抑えることができますが、参列者が少ないことでお香典も少なくなります。


そのため、最終的な収支としてはやはりケースバイケースになりますが、身内だけならば見得を張ることもないでしょうから、祭壇のランクなどを低めに抑えたりして節約することは可能かもしれません。


また、家族だけでは思ったより寂しかった…という声も聞きます。同居家族だけ、ほんの数人でのお葬式では、しんみりと静かすぎて…ということもあるかもしれません。


こうしたお葬式について、理解が得られない場合もあります。
亡くなったことを後日知らせた場合、「ちゃんとお別れを言いたかった」「葬式に呼んでもらえないなんて」と言われてしまう場合もあるようです。また、葬儀が終わった後に個別でお悔やみの来客が続き、かえって疲れてしまったという声もありました。


こうしたことを防ぐには、たとえば「故人の遺志であった」などの事情を、お手紙など何らかの形で、周囲の方に誠意をもってお伝えすると良いでしょう。


葬儀後落ち着いてから、改めてお別れ会などの場を設けるというのも一案かもしれません。


葬儀というのは、故人が生前お世話になった方に、遺族がお礼を伝える良い機会でもあります。ただ楽だからとか、費用を抑えたいというだけで家族葬を選ぶと、後悔することもあるのではないでしょうか。


メリットとデメリットをきちんと考えて、選びたいものです。



家族葬の資料請求などは上記のバナーから行えます。
割引キャンペーンなども随時行っているので詳細をご確認ください。

Tagged: