B&W_Ribon 葬儀の際に最も目立つ部分、それは故人の遺影写真です。

親族だけでなく、お葬式に参列する故人の友人・知人にとって、遺影は在りし日の面影をしのぶ大切な写真です。参列者の方にも、できるだけ「良い表情だな」と思っていただけるような写真を使いたいものです。


ですが、意外と遺影写真というのは準備が難しいもの。
亡くなったのが急なことだと、とくにそうです。


多くの葬儀で見かけるのが、親族の結婚式などでの集合写真や、証明写真を拡大したものですね。


あるいは小さなスナップ写真から拡大したのか、ピンボケであったり画質が荒くなっていたりというもの。
そうした場合は、服装が普段着であったりするので、和服やスーツ姿に合成したりという加工が必要なこともあります。


もちろん、他に写真がなければそうした写真からでも選ばざるを得ませんが、これでは故人も浮かばれませんね。

慰霊の事前準備の為に

高齢になると、そもそも写真を撮る機会が減っていたり、表情に乏しくなっていたりということもあります。ある程度の年齢になったら、自分らしさを生かした遺影写真を準備しておくのも良いでしょう。


最近では元気なうちに遺影の準備をしておこう!という方も徐々に増えてきたようで、そうした撮影を専門に受け付けている写真館もあるようです。


趣味の品と一緒に満面の笑顔を浮かべていたり、職業にまつわる小物と一緒に撮影したりというのは、その方の人柄や人生が反映されて味わいのある写真となるでしょう。


また、長寿のお祝いの席や、家族旅行の機会があれば、積極的に写真を撮っておくことをおすすめします。長寿祝いの会食をホテルのレストランで…などというときには、ついでにホテル内の写真スタジオで、皆で撮影するのもひとつのアイディアです。


家族旅行のスナップも、できるだけ背景のいいところで、アップで撮影しておくと良いでしょう。デジカメのデータであれば、拡大してもそれなりの画質が期待できます。旅行先なら、ナチュラルな笑顔も自然と生まれますね。良い写真が撮れたら、プリントして写真立てに入れ、普段からお部屋に飾っても素敵だと思います。


それがやがて遺影となったときにも、きっと家族のよりどころとして、大切にしてもらえるのではないでしょうか。