葬儀に関して、日本は多様な宗教があるため種類も異なります。

なので、一般的には故人が信仰していた宗教の葬儀方法を行うのがまずは1つ目のマナーとなりますのでご理解ください。

葬儀の方法

2種類のタイプを例にあげます。
まず1つ目が家族葬。

その名の通り、親族や家族のみでおこなう葬儀のことです。

その場合は、直接の親族である長男長女が喪主を務めることが多く、家族や身内の中だけでひっそりと行われるのが特長です。

最近は、高齢化している影響で故人の友人が先に亡くなっていたりと長生きをすればするほど親交のある友人も参加ができない環境となっています。

そのため、近年では多くの葬儀で行われている方法と思われます。

もう一つは、社葬です。
それは、会社の創業者や会社の重役など、会社に大きく関わる人々の葬儀で、社内の関係者のみが参加して、故人を送り出す葬儀です。

多くの場合は、会社が葬儀に関する代金の負担を負い、遺族と会社が一緒になって葬儀をおこなうタイプです。

私はこれまでこの2つのタイプを実際に経験しました。

あいさつの文面

よく、故人に対して手紙を読んだり思っていることを昔を振り返りながら語るテレビのスターなどの映像が茶の間に放送されているのを目にすると思います。

しかし、この故人への挨拶にも実は、いろいろとルールがあります。

その1つに、喪主(遺族の代表)があいさつをする場合は、明るい言葉を選んで故人を送り出してあげるというルールがあります。

よく、「なんで死んでしまったんだ」と怒りや暴言などを重ねてしまう人もいますが、ここでは、故人をとのお別れの場。

そのため、今までの感謝の気持ちを簡潔に述べることがよいとされています。