s039032a

葬儀へ参列の際、気になるのが正しいお焼香のマナー。
普段からいざという時の為に身に付けておきたい知識の一つです。


でも冠婚葬祭、特にお葬式はあまり頻繁に経験するものではありません。
そこで急な時でも困らないようお焼香のやり方と基本のマナーを今回はご紹介したいと思います。


お焼香とは

お焼香とは故人の冥福をお香を焚いて心から祈る行為を指します。お葬式、または法要の時に心の穢れをお香で取り払い清い気持ちで弔う為に行います。

方法は右手の親指、人差し指、中指で木片をつまみ、額の高さまで持っていきます。そしてそのつまんだ木片を指でこすりながら左の香炉に移していきます。


お焼香の順番

お焼香は読経が終わった後、故人との縁が近い人から行います。

順番としては喪主、家族、参列者の順番が一般的と言われています。


お焼香のスタイル

お焼香には立ったまま行う『立礼』。
座った形で行う『座礼』。
そして香炉を参列者で回す『回し焼香』の3つのスタイルがあります。

式の規模また様式によってお焼香のスタイルも異なってきます。

線香焼香というものもありますが、お線香を使うお焼香のスタイルは一般的にお葬式で行う事は少なく、日常のお参りで用いられています。


宗派によって回数が違います

お焼香の回数は宗派によって異なる場合があります。ご自分の宗旨宗派に習って、お焼香をしましょう。

真言宗、曹洞宗は3回。 臨済宗、2回。日蓮宗、浄土宗1回、もしくは3回。もし宗派がわからないようでしたら、まわりに合わせて行えば失礼ではありません。


周囲への配慮と心のこもった焼香をしましょう

宗教への配慮も必要ですが、お葬式の規模によってはあまり長いお焼香だと迷惑を掛けてしまう事もあります。

まわりに合わせて行う事も心掛けておいてください。

一番大事な事は故人への哀悼の気持ちです。心を込めてお焼香をする事が大切な事だと思います。