dasfsffaaaaata

参列マナー

開始20分前には到着を『葬儀・告別式は遅刻厳禁』親しい人だけが参列するのが葬儀、一般会葬者も参列するのが告別式ですが、現在は「葬儀・告別式」として続けて行うことが多くなっています。

故人を送る最後の儀式ですから遅刻は厳禁。受付が混むこともあるので、開始20分前には到着をしてください。

通夜に出席して香典を渡している場合は記帳だけをして式場で静かに待ちましょう。
親族・近親者は、出棺後、火葬場まで見送ります。

見送れない場合は、早めに遺族に連絡をしておきましょう。


服装マナー

なるべく地味な服装が望ましいでしょう。男性の場合は、ネクタイと靴下を黒に。

お通夜や、葬儀・告別式に参列の際、一般の会葬者の服装は通常、礼服です。

しかし、特に親しい間柄でない場合には、黒めの平服でもかまいません。
男性はダークスーツと黒のネクタイ、黒の靴。
女性は、黒もしくは地味な色のスーツ、もしくはワンピース、それに黒の靴が望ましいでしょう。

男女、和洋装を問わず、黒であっても光沢のあるものは避けたほうがいいです。


香典マナー

お葬式で持っていくお金です。
マナーとしては、あなたからみた関係によってその金額もかわります。
(ここで記すものは平均のものです)

両親:100,000円
兄弟、姉妹:30,000円
親戚:10,000円
その他知人、同僚:5,000円


お焼香マナー

これは経験してないとなかなか何をしているのか分からない方が多いのでは?

  1. 遺族に一礼して焼香台の前に進みます。
  2. ご遺影、またはご本尊を仰ぎ、頭を下げて黙礼します。
  3. 右手で香をつまみます。
  4. 額のところまで押しいただきます。(浄土真宗ではおしいただきません)
  5. 香炉に静にくべます。(これを宗派で決められた回数行います。)
  6. 合掌礼拝し、最後に遺族に一礼してすみやかに退きます。
詳しい情報は下記リンクより。
お焼香の基本のマナーについて